Kumano Kodou Center | 2003.10

熊野古道センター Kumano Kodou Center
熊野古道センター Kumano Kodou Center
熊野古道センター Kumano Kodou Center
熊野古道センター Kumano Kodou Center
熊野古道センター Kumano Kodou Center
熊野古道センター Kumano Kodou Center
熊野古道センター Kumano Kodou Center
熊野古道センター Kumano Kodou Center
熊野古道センター Kumano Kodou Center
熊野古道センター Kumano Kodou Center
熊野古道センター Kumano Kodou Center
Site
Location: Kumano Kodou, Japan

Building
Use:Pavillion 
Floor Area: 2,400m2
T透かしの社・杜の透かし
曖昧に交わり・重なる二つの領域

“地”を本来の斜面の形状に戻し、そこに“図”である細長い建物を等高線の一部を担うが如く配置します。建物の
一部は二つの領域の力に引かれ、折れ曲がり、鋭角となった部分は傾斜地に突き刺さります。ここが映像ホール
です。石畳の堀割を通ってのアプローチは一本のあぜ道へと連なり上部の棚田へも人々を導きます。この掘割で
建物は二分され、3.6m巾のスリットが建物を貫き、背後の景色が建物前面に浸透してきます。堀割を
上がって振り返ると、そこには切り取られた尾鷲の街並みが遠望でき、軒下の入口へといざなわれます。

軒下スペースから左に折れると、情報発信機能と交流機能が連なるエリアのエントランス、逆に右に折れ
スロープを下って行くと展示スペースのエントランス、さらに下ると階下の図書スペースへとつながって
行きます。この軒下スペースとスロープからなる空間は、谷を挟んだうっそうとする杜に人々の視線を
釘づけにし、そこに自然との対峙を感じさせます。しかし、スロープから谷の小道へと散策を進めれば、
小川が流れ、小道はやがて小さな滝にたどりつきます。自然と交わり・重なり一体化していきます。
図書スペースなどの研究者ゾーンは、敷地の高低差を利用し、眺望・採光とも良好な地上階となります。
また、ハンディキャッパーもこのスロープあるいは工房前のスロープを使って建物にアクセスします。
スロープ前まで自動車での寄り付きが可能です。

空間は二つの片流れ屋根の木造架構が重なり交じりあい、細長く連続していきます。軒下に切り取られた山の
景色、海の景色は印象的に視覚にうったえます。二つの架構は段々とずれていきそのひずみが屋根の
ハイサイドライトとなり、光や景色を建物の中に取り入れます。同時に架構が交じり合う部分は建物の中で
帯状にうねり、樹木に囲まれた道のような動線となります。地盤の起伏に合せ上下する床とあいまって、
継続的に変化する空間。大規模な木造建築物となりますが、掘割上部のスリットで建物を大きく区画します。
また、収蔵スペース下の研究者ゾーンは耐火構造、映像ホールと付属するトイレも大屋根の下に入れ子状に
耐火構造で形成すると同時にそれぞれ独立の避難経路を確保し、1000㎡区画を実施します。